正課体育regular curriculum

正課体育のイメージ写真

園の教育方針に沿った指導で子供の心身の成長を育みます。

正課体育指導は、幼稚園・保育園様と交わした指導委託契約に基づき、体育指導員が出向し、保育時間内に年間を通して体育指導を行います。
トヨダ体育教室では、これまでの指導経験の実績から契約園様の方針・要望に応じて、指導カリキュラムの作成をおこない、豊富なノウハウを生かして質の高いレッスンを提供いたします。運動会の練習や器具を使った運動、組体操、親子触れ合い運動及びレクリエーション指導の他、先生方の体育研修等も行いながら契約園様の幼児教育の一端を担います。

指導方針

1子ども達の成長と園の発展につながるカリキュラムを作成します

契約園様の方針・要望に応じて独自のカリキュラムを作成し、担当の指導者が責任を持って、子ども達の健全教育、園の発展につながる体育指導を行います。

2長年の指導経験を生かした身体と心の教育をおこないます

単に柔軟性やバランス感覚・持久力を身に付けるだけではなく、相手の話をしっかりと聞いたり、自分の言葉で話す「言葉の力」や「自分で考える力」・「試そうとする力」・「やりぬく力」「俯瞰(ふかん)する力」を養います。

3運動が自然と好きになれるよう多彩なカリキュラムをご提供いたします

全講師が体育指導の資格を持っており、体育と教育の専門家として30年以上やってきたからこそ培われてきた多様な遊びのスキルを生かして、多彩なカリキュラムのご提案をおこないます。

カリキュラム

イメージイラスト1
イメージイラスト2
イメージイラスト3
期間 種目 内容
4月 平均台
マット運動
とび箱
鉄棒
・歩行 ・モノレール
・前回り(でんぐり返り)・ブリッジ
・カエル乗りおり ・開脚とび
・足抜き回り ・逆上がり適宜に、ミニゲームなども入れて子ども達に飽きのこないレッスン内容になっております。
6月中旬
~7月
※運動会の練習
水泳(水遊びなど)
組体操もしくは、器械体操を行ないます。雨の日の場合は、運動会の練習を行ないます。
9月
運動会迄
運動会に向けての練習
【組体操】【器械体操】
平均台
マット
鉄棒
とび箱
・ヨット ・アザラシ ・ブリッジ
・手押し車 ・三人扇 ・ピラミッド ・一本橋・飛行機歩き ・モノレール ・横跳び ・前回り ・お馬歩き
・足抜き回り ・逆上がり ・開脚とび(4~6段)
園のカリキュラムに合わせて、運動会での体操を行なっていきます。
10月 フープ運動
ボール運動
・フープ走り抜け ・フラフープ
・ボールつき ・トスキャッチ ・キャッチボール適宜に鉄棒、とび箱の練習も取り入れます。
11月 棒体操 ・棒とり ・棒立て
12月 竹馬 ・補助付き~補助なし ・前歩き ・後ろ歩き竹馬に1人で乗れるようになるためのカリキュラムをおこないます。
1月 なわとび・大縄 ・前とび ・後ろとび ・大縄
2月 サッカー ・ボールタッチ ・ドリブル ・シュートミニゲームなども行います。
3月 まとめ ・とび箱、鉄棒などミニゲームなども行います。

※年少、年中、年長は単元は同じですがレベルに応じて指導していきます。
※カリキュラムは変更になる場合がございます。その場合は他の種目を行います。

正課体育指導の派遣について

幼稚園・保育園様と交わした指導委託契約に基づき、体育指導員が出向し、保育時間内に年間を通して指導を行います。

指導対象

全園児(年少・年中・年長)

指導時間

年齢等によりご提案させて頂きますので、随時ご相談下さい。

指導回数

毎月3~4回の訪問指導を基本としております。

指導料金

指導回数・人数・時間により異なります。(交通費は別途請求となります)

導入園様からの声

ケガなどのリスクを回避する

最近は少しケガをするだけでも、保護者の方に承諾書を提出するなど、子どもを預かる上で気を使う事が多くなっています。そういった中、体育のプロの方に安心してお願い出来るのは大変、有り難い事です。今の若い保育士の先生は一緒に遊ぶ体験をしていないので、子どもと一緒に遊ぶ事が苦手で輪に入らず客観的になる傾向があります。リスクを回避しつつ、子どもたちが楽しんでくれる環境を提供できるのは、大きなメリットとなります。

『できる』という感覚・体験を感じてもらう

1つの運動でもポイントをステップ式に教えて下さるので、何を克服して『できる』ようになったかを感じさせるのが上手です。まずは体育教室を通して運動の楽しさを実感し、子どもたちが自然と外で遊ぶようになってくれればと思います。小学校に上がってもスムーズに体育に入っていけるようにと考えます。

自信に繋がり、明るい表情が増えた

コツとなる部分をうまく教えて頂けるので、「運動が出来る」という事が自信に繋がり子どもたちも楽しそうで、前向きで表情が明るい子どもが増えました。特に運動会の時は授業を受けている子どもたちの発表の場を設けていますが、保護者の前で「こんな事が出来るんだよ!」と言っている様です。

心身ともに強くなった子どもたち

多種多様な運動を体験することで、子どもたちに自信がつき積極的で明るい子どもたちが増え、子どもたちも心身ともに強くたくましくなっています。その事もあり、園内における怪我及び事故なども減っています。また、ストレス解消につながっているのか運動の後には、ケンカも少なくなりました。

トヨダ体育教室

to facebook to facebook when hover

お問い合わせ・入会申し込み・体育用具のご注文はこちらから

menu